2017年10月22日日曜日

Amazon Product Advertising APIとAmazonMWSで取れる情報あれこれ

Amazonの無茶苦茶な仕様のAPIはこりごりって感じなのです。XMLだしつらい
アマゾン系のツール開発依頼されて困ってる人など参考になれば幸いです

まず、Product Advertising APIではできないこと
  • 特定の商品のすべての出品者リストを取得
    (オマケ程度にOffersに1件だけ返されますが、注意したいのはこれはカート価格ではありません OffersFullをリクエストしても常に1件しか返されません。ただし、カート価格が基本的に優先されますが、されない場合もあります
  • カート価格の取得 →MWSで取得可能
  • Amazon自身がFBAとなり販売している価格情報
  • 特定の商品のすべての出品者リストはAPIで不可能
    MWSのOfferFullでは20件まで)ドキュメント読み違い。20件すら返してくれません。返される最大件数はわかりません。
  • FBAの手数料の計算 →MWSで可能(GetMyFeesEstimate)

MWSは制限がクソすぎるのとProduct Advertising APiに比べて取得できる情報が少なすぎる。特に
  • GetLowestPricedOffersForASINでOffersの情報が取得できるがこれでも全ての出品者情報を取得できない。カート価格が取れるのはこのエンドポイントだけ(IsBuyBoxWinnerを見る)が、このエンドポイントだけ1時間に200件までという・・


サブスクリプションAPIのAnyOfferChangedNotificationでASIN登録してAmazonSQSで通知もらえばイケんじゃね?できません。サブスクリプションAPIで取れる情報は自分が出品している商品に対してだけです。

つまりAPIで取得できない情報を取得するにはどうしろって?
アマゾンのスクレイピングを行いましょう。Proxyを通すなりIPを分散させてうまいことやりましょう。


おまけ
Product Advertising APIは503連発だし、MWSはこのクソっぷり。
APIは用意されていても開発者も発注者も利用者も誰も得をしない珍しいケースでした。
MWS検証するために使った大口契約料金返してほしい...

0 件のコメント:

コメントを投稿

speedtest.netのホストを一時中断

10ギガビットの普及に伴い、新たに10ギガビットネットワークの用意ができるまでホストをやめます (PING値でサーバが決定されてしまうので計測ユーザに迷惑なため) [root@localhost ~]# ifconfig enp2s0f0: flags=4163<...